基礎練習はお好き?〜ロングトーン応用編〜奈良県三郷町のフルート教室です。

お問い合わせはこちら

ブログ

基礎練習はお好き?〜ロングトーン応用編〜奈良県三郷町のフルート教室です。

基礎練習シリーズ第4回目のテーマは「ロングトーン応用編」です。

 

前回お話したような通常のロングトーンに慣れてきたら以下のような練習も取り組むといいと思います。

 

その1:オクターブ

低音E(ミ)から2オクターブ目のC(ド)まではオクターブで同じ運指ですが、オクターブキーがない為、息の圧力、スピード、唄口に当たる角度などで音の高さを変えます。

オクターブの移行をスムーズにする練習です。

4拍(下の音)4拍(上の音)をスラーで。上の音を吹く時にはタンギングはしません。

下の音からオクターブ上の音に移行する時、途切れたりしないように自然にできるように心がけましょう。

 

その2:ハーモニクス

運指を変えずに違う音(倍音)を出す練習です。

中音C(ド)の運指で中音C→1オクターブ上のC→高音G→1オクターブ上のC→中音Cという感じで練習します。

2拍ずつ上って下りる。

基準になる音を半音ずつ下げていき同じようにする。

基準の音が低音になればなるほど出せる倍音の数は増えます。

低音Gはオクターブ上のG、高音D、高音G

最低音Cは中音C、中音G、2オクターブ目のC、高音E、高音G・・・

という感じです。

実際にやってみないとコツがつかめないと思いますので、最初は少ない数の倍音で練習してみてください。

 

その3:ビブラート

腹圧によるビブラート練習です。

ゆっくりのテンポでメトロノームに合わせて、ロングトーンしながらお腹から息を出して長く伸びている音に山と谷を作ります。
ゆっくり、メトロノームに合わせて、一定の間隔で、腹圧をかけるってことなんですが・・。

なんのことかわかりにくいですよね。すみません。

文章での説明が難しいな・・・(ー ー;)

とにかくビブラートをお腹を使ってかけるってことです!(乱暴・・・笑)

 

その4:ダイナミクス

クレッシェンド、デクレシェンドしながらロングトーンをします。

4拍でクレッシェンド、4拍でデクレシェンド。

間が途切れないように、均等にクレッシェンド、デクレシェンドできるよう心がけましょう。

 

 

教室では生徒さんのご希望や練習環境、レベルなど一人ひとりに合わせたオリジナルレッスンプログラムを組んでレッスンしています。

生徒さんにとってもっとも良いと思われるプログラムを私が考えますので、人によってレッスンや日々の練習でおこなっている基礎練習の内容も違ったりします。

あ、もちろんロングトーンはしますが、その仕方が変わってきます。

同じ初心者の方でも全く同じレッスンはしていません。

得意、不得意も含め人によって色々なので、上達のためのアプローチも柔軟に対応しています。

自分に合った練習方法だと上達も早いですよ。

 

1度演奏を聴かせていただけたら、今足りない基礎や伸ばした方がいい技術はだいたいわかりますので、自分に合う練習方法が何かわからない方は体験レッスンに来てみてくださいね。

 

 

基礎練習の種類はまだまだまだまだありますが・・・

とりあえず今回で基礎練習シリーズを一旦区切ります。パート2はまたそのうちに。

 

無料体験はお気軽に( ´ ▽ ` )ノ

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。