指は回るよどこまでも〜必勝法は分析から〜奈良県三郷町のフルート教室です。

お問い合わせはこちら

ブログ

指は回るよどこまでも〜必勝法は分析から〜奈良県三郷町のフルート教室です。

暑い、暑すぎる・・・・

汗で指が滑る・・・・ぬぅぉぉぉぉぉ〜〜〜

 

と、いうわけで(どんなわけ?笑)今回のブログテーマは「指回し」です!

キィ楽器ゆえにあっちでもこっちでもいつでもどんな時でも

ソロ曲で、吹奏楽曲で、オケ曲で、いろんなジャンルの曲で、連符や速いパッセージを与えられ、指を回せよと要求される。

意地悪な指運びの楽譜に「この作曲家、絶対!性格悪い!!キーーッ!!」とか完全八つ当たりしちゃったりもしますが(え?私だけ?)

潔く指を回すしか選択肢はありません・・・・

指回しからはどうやっても逃げられないのです・・・・

(キャアァァァァァ!!)

 

では、背筋も凍ったことで(笑)指回し必勝法を。

ゆっくりのテンポからコツコツ練習するのは基本中の基本ですが、

それでもなかなか回らない時は・・・こんなのいかがでしょう。

 

まずは連符やパッセージのどの部分がどのようにできないのかを細く分析します。

目で見た楽譜が指に繋がりにくいところ、何度も間違えてしまうところはどこか。

ゆっくりのテンポでスラーやタイを外してタンギングして吹くと見つけやすいです。

 

次に分類わけをし、それに合わせた練習を行います。

臨時記号が多くて戸惑う→譜読み、暗譜

指が滑る、遅れる→付点、逆付点のリズムで吹く

楽器がブレる→持ち方改善、鏡を見て吹く

雑音が混じる→ゆっくり1音ずつ丁寧に吹く

ブレスをした後に乱れる→ブレスの位置を変える、連符の間に休みを入れてインテンポで吹く

難しすぎてできる気がしない→替え指を考える

こんなの人間には不可能だ→〇〇(作曲者、編曲者の名前)のあほぅ!と八つ当たりする(笑)

などなど・・・

 

恋も指回しもまずは相手(楽譜)をよく知ることが大切です。

・・・なーんちゃって(笑)

 

 

詳しい練習方法は待て次回♪( ´▽`)

無料体験はお気軽に( ´ ▽ ` )ノ

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。