息が続かないお悩みをタイプ別に診断

お問い合わせ・ご予約はこちら

ブログ

【フルートお悩み相談室①】息が続きません・・・

もっと長く音を伸ばせるようになりたいのに全然息が続かない・・・

基礎練習のロングトーンだと続くのに、曲になると息が続かない・・・

息が続かなくて変なとこでブレスしちゃう・・・

などなど

 

 

「息が続かない」ことの悩みはたくさんあると思います。

息が続かないことの原因は1つではありません。

ここでは4つのタイプに分けてみたのでよければ参考にしてみてください♪

 

 

 

 

 

力任せに息を放つやみくもシューター

ちゃんと狙ってますか

同じように吹いてるつもりなのに息が続く時と続かない時がある・・・

急に音が出なくなったりする・・・

 

力任せにやみくもに息を入れて音を鳴らそうとしていませんか?

一音一音、息の方向を狙っていますか?

 

 

狙わないでとりあえず力任せに吹いている状態は、ダーツの的を見ずに一度にたくさんの矢を放っているようなものです。

たくさん放っているのでどれかは当たるかもしれません。

当たっているものは音になりますが、外れたものは音にならない。

息が続く時は当たっている割合が多く、息が続かない時は外れているものが多い。

一か八かの吹き方なのかもしれません。

 

 

自分の息の向きを確認してみましょう。

自分の手のひらを頭部管の前にして吹いてみると分かりやすいです。

手のひらの色んなところに息が当たる場合は一か所にまとめるようにしましょう。

息の方向は唄口の中心の延長線上が理想です。

常に同じ位置に息を当てることができれば、安定して音を長く伸ばせるようになります。

 

息の出し惜しみ節約家

その節約まちがってます

音を長く伸ばすために出す息を少なくして節約してるけど、なんか息苦しくなって結局続かない・・・

 

なんてことはありませんか?

 

 

それは・・・

無理に少量の息を出そうとすると力が入り、息を止めたような状態になってしまい、

吸って吐くという自然な息の流れを不自然にコントロールしようとしているからです。

 

 

 

まず、出す息の量を少なくしようとせずに出口(アパチュア)の大きさを調節してみてください。

出口が小さくなれば結果的に出ていく息の量は少しずつになります。

ただし、小さすぎるとそれはそれで力が入り息苦しくなります。

ポイントは余計な力が入らない自然な呼吸ができるかどうかです。

 

 

次に、意識を「息を少しずつ出す」から「息を長く遠くに出す」に変えてみてください。

「長く遠くに」しようと思うと息がまとまり、自然と出ていく息の量も調節されるので無理にコントロールしようとしなくても息が続くようになります。

(不思議に思うかもしれないですが笑 生徒さんはみんなこの方法で音を長く伸ばせるようになりました)

 

 

最後に、「長く伸ばさないと!どうしよう、息続くかな」とか考えないこと。

人間身構えると必ず力が入ります。

気が付いたら息続いてた!くらい緩い方が上手くいく場合もありますよ(^^♪

 

 

 

 

そもそも息が吸えてないブレス難民

息が上手く吸えません

たくさん吸おうとするとがばっと間があいちゃうから間あかないように急いだら少ししか吸えなくて息が続かない・・・

 

 

ブレスが上手くできなくて息が続かない場合は・・・

ブレスの位置とブレスの仕方を見直してみましょう。

 

 

 

ブレスの位置は基本的にフレーズの切れ目です。

息がなくなったら吸うのも毎回ブレスの位置が違うのもNGです。

練習時には曲のどこから始めても息が続く続かないに関わらず、必ず同じ位置でブレスしてください。

そうすることで、ブレスも含めて曲の流れの一部となり、タイミングよく吸えるようになります。

 

 

ブレスの仕方はテンポに合わせます。

テンポ60なら60で。テンポ120なら120で。

吹く直前に休符が何拍かある場合は曲のテンポの中で何拍分ブレスしても大丈夫です。

休符がない場合などの短いブレスは「吹いたと同時に吸う」を意識するといいです。

「テンポに合わせてブレス」を意識するとブレスしやすくなるので息も続くようになると思います。

 

 

息が止まるフリーズ型

息するの忘れちゃってます

曲を吹く時に、ここをこうしてああしてと色々考えて吹いてるけどなんか上手くいかないし息も続かない・・・

 

 

そんなあなたは・・・

色んなことを意識するあまり息するの忘れちゃってます

吸うのも吐くのも忘れて息が止まっています

 

 

 

色々考えてブレスまで気が回らない場合は・・・

最初から一度に全部しようと思わないで、まずは目標を1つに絞りましょう。

1つがクリアできたらまた次というように徐々に増やしていきましょう。

 

 

息を使って音を出す楽器なので息のことが疎かになってしまっては本末転倒です。

まずはブレスのことをしてから、他の目標に取り組むといいですよ。

 

 

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。